ためになった、セミナー

今回は「セミナー」について私の実体験を元に語りたいと思う。

非常にためになった講義と、時間の無駄でしかなかった講義が、1対9の割合と記憶している。
もちろん、ためになった1、無駄9だ。
では何がためになったかと言えばそのセミナーのおかげで金の売りで大幅な利益を取ることが出来たのだ。
事の詳細はこうだ。

その時の金のドル建て価格が1870ドル前後であり1900ドル目前かつ、巷では2000ドルも時間の問題と言われていた最中であった。
セミナー内容は「2000ドル目前金価格に注目」という題名だった。
名前は伏せるが、著名なアナリストだったため会場には200人前後の人が来ており盛況ぶりが窺えた。

講義の内容は2000ドル突破は時間の問題だ。インフレにも強く、安全資産にもなる金は今から基軸通貨になるだろう。
などど、金の価値を壮大に雄弁に大いに時間の許す限り語った。
その講義が終わると同時に取引をしたいという方が一斉にその社で契約を交わしてたのを覚えている。
もちろん金の「買い」でだろう。
必ず2000ドルまで行くから、今から買ってそこで決済すれば儲かるわ。と目がキラキラしていた。

その後ドル建て金価格は1923ドルまで上がるも、そこから大暴落を始めた。2011年9月のことである。
その月にピークから300ドル以上も下げ、国内も700円以上も値を下げた。
皆が皆同じ方向を一斉に向くと、これだけ恐ろしいことが起きるのだ。
チャートはしっかりと売るべきところで売りに変わっていたため、もちろん売りを入れた。
このような背景があったので少し多めに売りを入れた。

奇しくもこの1923ドルが金価格の歴史上最高値となった。そして未だに破られてはいない。
本当にためになったセミナーであった。