1月9日商品ポジション

米イラン問題。どうやら最悪の事態は回避した。
が、果たしてこれで仕舞かは疑問だ。

合計 : 売1 / 買 / 値洗計 -11,000       基本証拠金 60,000
反落。5574円が目先高値としてポイントとなった。
上記の問題が風化すればするほど調整は大きくなりそうだが、対立が深まれば深まるほどその逆に行くのは必至か。
チャート上は未だ買いの一択だが、そろそろ何らかの変化が表れそうだ。
サイン 限月 建玉日 売り 建玉値段 買い 終値 値洗差金
A
B
C
D
白金
どっちつかずの状況は変わらず。
明日以降も陰線を出すようだと要警戒か。
サイン 限月 建玉日 売り 建玉値段 買い 終値 値洗差金
A
B
C
D
原油
7日に5月限42680円割れに警戒と記述したが、終値でも割れた。
チャート的に本日の安値は重要プライスだと言える。
割れれば当確を出してもいいレベルだが、如何せん外部要因が今後もどれほどの影響を及ばすかが鍵となるだろう。
サイン 限月 建玉日 売り 建玉値段 買い 終値 値洗差金
A
B
C
D
ガソリン
サイン 限月 建玉日 売り 建玉値段 買い 終値 値洗差金
A
B
C
D
ゴム
サイン 限月 建玉日 売り 建玉値段 買い 終値 値洗差金
A
B
C
D
コーン
反発。下方向に行くと見せかけた矢先のことであった。
しかし取り組みが全くない。
サイン 限月 建玉日 売り 建玉値段 買い 終値 値洗差金
A
B
C 1 1/9 1 24220 24440 -11,000
D