商品先物

1/105ページ

10月3日商品ポジション

ドル円が9/22に為替介入を実施した以来、本日145.40円まで上値を伸ばした。 だが、日本側が再び円買い介入に踏み切る可能性があるため、すぐさまドル/円は144円後半へ反落した。 今週7日の雇用統計次第ではコモディティはもちろん為替も大きく動きそうですね。 建玉 売10枚/買5枚  値洗金 -282,500 ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必 […]

9月30日商品ポジション

貴金属の目先底は決まったのか? それともいつも通り戻りは売られるのか? 建玉 売12枚/買3枚  値洗金 -117,000 ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必要です。

9月29日商品ポジション

為替が145円を睨み右往左往。 145円の境界線に某国みたく兵士が銃を構え威圧・牽制を行っているみたいだ。 その圧力(介入ライン)に屈せずさらなる円安に向かうのか、それともこの居心地のいい水準に留まるかに注目です。 建玉 売12枚/買3枚  値洗金 332,000 ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必要です。

9月28日商品ポジション

株価や為替、金利がこれだけ大きく動いているのに、コモディティの無風が不気味でしょうがない。 建玉 売11枚/買4枚  値洗金 1,351,000 ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必要です。

9月27日商品ポジション

やはり為替介入場面が絶好の円の売り場であったことは明白だろう。 140.35円からすでに4円以上戻りを入れている。もちろん結果論だが。 現時点ではドル/円145.90円前後は介入ラインとなっており、今後その水準では投資家達がどのような行動を取るのか注目が集まっている。 再度の介入に備えるのか、円安一直線に舵を切るかなど力量が試されそうですね。 金利や為替がこの状況であれば肝心のコモディティは…。 […]

9月26日商品ポジション

祝日取引が開始されて本当に良かったと思う日ですね。 今までがどれだけ後手後手になっていたかを痛感させられますね。 過去には夜間取引が出来ない取引会社や、出来ても夜19時~20時までといった所もあった。 そのような大きなビハインドは今の時代にそぐわないため、自然と淘汰されており何よりだ。 応対品質や手数料はさることながら取引環境は大事である。 建玉 売11枚/買4枚  値洗金 1,104,000 ポ […]

9月23日商品ポジション

昨日は夜間取引から為替介入が行われ最大で一時140.35円までの円高となった。 まぁそれでも十分円安ですが。 当然この影響からコモディティは全面安となった。 所詮日本単独で為替介入をしても現在の環境では一時的にすぎない見方が大勢を占めている。 米国はこの行動に対し理解を示したようだが協調介入ではないために、 後はマーケットの判断に任せるといったスタンス。 むしろ日本側が何処までこの円安に対し対抗出 […]

9月22日商品ポジション

市場の予想通りFOMCは0.75%の利上げとなり、サプライズはなかった。 日中に日銀による金融緩和の維持も加わりドル円は一時145.37円まで円安が進んだ。 為替とドル建ての関係によりコモディティはどのような動きとなるか注目ですね。 建玉 売8枚/買7枚  値洗金 -10,500  ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必要です。

9月21日商品ポジション

今回のFOMCは過去のものと違いかなり重要な位置づけとなってる。 予想通りの数値となるのか、それともサプライズがあるか。 もし後者の場合だと金相場は大荒れとなるのだが…。 建玉 売9枚/買7枚  値洗金 270,500  ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必要です。

9月20日商品ポジション

やはり祝日明けは値段が飛んで入ってきますね。 だが、ようやく23日から祝日取り引きが開始されるために、 これからは後手後手になることはなさそうだ。 建玉 売9枚/買7枚  値洗金 208,000  ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必要です。

1 2 3 4 5 105