12月1日商品ポジション

やはり為替主導で動いてきましたね。
ドル円が135円を目指す格好となっておりこの動きにより140円が目先の上値抵抗帯に変化している。
先日までの150円から約15円もの円高となっており、この影響から国内コモディティは上値が削られている状態だ。
つまり現状国内価格が上値を更新するためには円高の下落以上にドル建て本体の大幅上昇が絶対条件となる。
それを無理と思うか、思わないかで取るべき戦略は大きく違ってくる。

建玉 売11枚/買5枚  値洗金 1,359,000

ポジション詳細や分析等は会員専用ページとなります。 この続きを閲覧するには、会員登録が必要です。